カテゴリ

女性専用・完全予約制/03-6272-4451

ただいま、ご新規のお客様のご予約を休止しております。ご質問・ご相談につきましては、【お問い合わせフォーム】をご利用くださいませ。

お問い合わせ 営業時間 定休日
施術の流れ お客様の声 症例別Natsukiの解決案 ブログ

HOME > 症状別Natsukiの解決案 > アーカイブ > 女性疾患

症状別Natsukiの解決案 女性疾患

子宮筋腫

shikyukinsyu_151117.jpg

原因

子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、それ自体が生命を脅かすものではありません。しかし放置しておきますと10kgを超えるような大きさまでになることもあります。女性ホルモンによって筋腫が大きくなりますが、逆に閉経後には小さくなります。複数個できることが多く、数や大きさはさまざまです。大きさやできた場所によって症状が違ってきます。できた場所によって、子宮の内側(粘膜下筋腫)、子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)、子宮の外側(漿膜下筋腫)に分けられています。
小さな筋腫は見つけにくいこともありますが、外来での一般的な診察と超音波を使って簡便に診断できます。大きな筋腫や手術を考える場合にはMRI検査をすることもあります。大きな筋腫では約0.5%に悪性の子宮肉腫が含まれています。子宮肉腫と子宮筋腫を見分けることは難しく、大きさや患者さんの年齢、大きくなるスピードで判断します。

症状

代表的な症状は月経量が多くなることと月経痛です。その他の症状としては月経以外の出血、腰痛、頻尿(トイレが近い)等があります。症状は、できた場所によってまちまちですが、子宮の内側にできた筋腫は小さくても症状が強く、月経量が多くなります。逆に子宮の外側にできた筋腫は相当大きくなっても症状がでません。ですから、治療法もできた場所や症状によって異なってきます。若い人では妊娠しにくくなったり、流産しやすくなったりするのも大きな問題です。

西洋医学では

治療法には手術と薬があります。手術では子宮を取ってしまう(子宮全摘術)のと筋腫だけ取る手術(筋腫核出術)があります。将来子供がほしい人や子宮を残す希望の強い人では筋腫だけ取る手術を実施しますが、手術の際、出血が多くなるのが難点です。子宮筋腫は複数個できることが多く、直接見てもわからないような小さな筋腫は手術でも取り残すことになります。そのため数年後には取り残した筋腫がまた大きくなってくることもあります。また、最近ではこれらの手術に腹腔鏡を使って行う施設も増えてきましたが、大きさやできた場所によっては難しいこともあります。
薬の治療では閉経状態にしてしまう治療(偽閉経療法)が行われます。治療薬には毎日の点鼻薬(鼻からのスプレー剤)と4週間に1回の注射薬の2種類があります。しかし、この治療では女性ホルモンの分泌が少なくなるので更年期様の症状がでたりするため半年しか治療できません。また、治療初期には不規則な出血を認めることもあります。治療中は子宮筋腫が半分近くまで小さくなりますが、治療を中止するとすぐに元の大きさに戻ってしまいます。ですから、筋腫を小さくするために、手術前に一時的に使用するか、閉経に至るまでの一時的治療として行われています。もう一つの治療法としてピル(経口避妊薬)があります。最近のピルは女性ホルモン量が少ないので、筋腫が大きくならず、症状も楽になります。また、更年期様の症状もありません。しかし、いつまで続けるのかが問題となります。
その他の治療法として、子宮を栄養する血管をつめてしまう治療法(子宮動脈塞栓術)もあります。

Natsukiの治療

冷えに特に注目して、身体全体を診ていきます。子宮筋腫を持っている方の全員と言ってよいほど皆さん冷えがあります。特に下半身の冷えがきつい方がほとんどです。下半身が冷えると血液も冷えます。血液が冷えるとその血液が巡っている臓器も冷えてしまい異常をきたすこととなります。治療と食事の改善アドバイス、簡単なストレッチの三本立てで、筋腫を小さくしていきます。

月経前症候群(PMS)

pms_151116.jpg

原因

排卵のリズムがある女性の場合、排卵から月経までの期間(黄体期)にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、月経前症候群の原因と考えられています。しかし、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を受けるため、月経前症候群は女性ホルモンの低下だけが原因ではなく多くの要因から起こるといわれています。

症状

精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感。
身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。

西洋医学では

1.排卵抑制療法(排卵を抑える治療法)
 排卵が起こり女性ホルモンの大きな変動があることが原因の一つですから、排卵を止め女性ホルモンの変動が無くなることで症状が軽快します。ホルモン量の少ない低用量経口避妊薬(OC、低用量ピル)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤(LEP)などのホルモン薬で排卵を止めます。これらのホルモン薬は、服用している期間だけ一時的に排卵を止めるものですから、将来の妊娠には影響を与えません。

2.症状に対する治療法
  1. 痛みに対しては鎮痛剤。
  2. むくみなどの水分貯留症状に対しては、利尿剤や抗アルドステロン療法(尿量を増やす治療法)。
  3. 精神神経症状や自律神経症状に対しては、精神安定剤や選択的セロトニン再取り込み阻害薬物療法(脳内の活性物質セロトニンを維持する治療法)
3.漢方療法
個人の証(症状や体質)に合わせて、漢方薬を使用します。加味逍遥散、当帰芍薬散、温経湯、抑肝散、桂枝加竜骨牡蛎湯などがよく使用されています

Natsukiの治療

鍼灸サロンNatsukiでは痛みやむくみに関しては冷えや骨盤の状態が大いに関係しています。よってそこに注目して治療します。またイライラや不安定な気持ちの面に関しては背中の状態を整えることで気持ちの面が安定し易くなります。

1

« こり | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ