カテゴリ

女性専用・完全予約制/03-6272-4451

ただいま、ご新規のお客様のご予約を休止しております。ご質問・ご相談につきましては、【お問い合わせフォーム】をご利用くださいませ。

お問い合わせ 営業時間 定休日
施術の流れ お客様の声 症例別Natsukiの解決案 ブログ

HOME > 症状別Natsukiの解決案 > アーカイブ > 肩こり

症状別Natsukiの解決案 肩こり

肩こり

katakori_151116.jpg

原因

この症状に対する原因には諸説あるものの、確定的な診断方法や治療法はなく、腰痛などと並んで不明な点がとても多い疾患となっています。
一説では、同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、その部位の血流が悪化し、筋肉活動を行なうためのエネルギー源であるグリコーゲンが不完全燃焼を起こし、疲労物質(乳酸)が大量に発生し、筋肉内に留まり代謝することが出来なくなることで発生すると言われています。それによって酸素や栄養分が末端まで届かず血流不足、血行不良となり、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって肩こりを起こすと考えられたり、筋肉を包む筋膜に出来る皺(しわ)が原因となる場合もあります。

症状

肩凝りとは、項部から肩甲間部に及ぶ範囲の詰まったような、強ばった不快な感じを総称したものです。場合により痛みや圧痛を伴うこともあります。
肩こりは、普段の生活の中での単純な疲労として最も日常的に見られる症候ですが、頚椎疾患をはじめ、耳鼻科、眼科、歯科疾患、さらに内科疾患からいわゆる不定愁訴(更年期障害、自律神経失調症)にいたる様々な病気の愁訴として訴えられることがあります。

西洋医学では

病院での肩こり治療は、投薬としては消炎鎮痛剤・筋弛緩剤・鎮静剤・抗うつ剤・ビタミン剤等、外用薬としては塗り薬・はり薬・湿布薬等が用いられます。また、頚の牽引法・電気的な温熱療法等の理学的療法も行なわれます。頑固な肩こりに対しては神経ブロックによる麻酔的治療も行われます。

Natsukiの治療

肩こりは本当にたくさんの方が悩まれています。原因は疲れ目・首コリ・猫背・胃腸の状態・冷え・腕の使い過ぎなど一つ一つ挙げていくとキリがないくらい本当に様々です。
当サロンでは肩こりだけをみていくのではなく体全体の状態・姿勢を考えていくことによって日常が快適になるようお手伝い致します。
現代人は前にかがんだような猫背の姿勢の方が多いので、伸びをするだけでもかなり変わります。鍼灸をして筋肉が動きやすくなった状態で伸びをすると、伸びやすく、呼吸を深くなり気分もリフレッシュします。ぜひお試しください。

1

メインページ | アーカイブ

このページのトップへ